学習

物上げ業者の仕入れ手法とは!!

秋吉智紀

投資目的・居住目的で不動産購入を検討中で
経験者に相談したい方は以下より

今回は物上げ業者がどのような手法で物件の仕入れをしているのかご紹介し、不動産投資家としての考察をしていきます。

キーワードは【物上げ手法】

ー物上げとはー

不動産投資をしている方にはすっかりお馴染みの物上げとは、「本来は売りものではない土地や建物を、売物件に仕立て上げる」ことを言います。
売る気がなく長期保有していた物件や相続によって出てくる不動産を売ってみてはどうかと提案し、「0」の状態から新たな売り物件を生み出すことが出来れば、物上げしたこととなります。


この物上げを専門に行っているのが物上げ業者と呼ばれ、彼らは仲介手数料の片手(売主側から)を確保できるので、物上げができれば儲けることができるのです。

ー物上げ業者の手法とその印象ー

広告・ダイレクトメール、電話を利用した物上げ

一般的な物上げ手法で、筆者のところにもよくきます。
物上げしたい物件の具体的な値段を提示して興味を持った方に営業するという手法ですが、どこの物上げ業者も血眼になって行っているので、レッドオーシャンとなっている印象です。


地域の情報を元に飛び込み営業

こちらも昔ながらに行われている手法ですが、地域に密着した営業活動をしていると相続案件などをゲットできるみたいです。
地域との結びつきを強くしている方でしたら、信頼関係も気づけていると思われますので、いい物件が物上げされてくるかもしれません。


しかし、東京などでは地域の結びつきが希薄なっているので、保険の営業のように訪問販売ならぬ訪問物上げも行っているようです。


不動産の無料相談会開催

こちらもよくある手法で、相談会に来た人から物上げを行う手法です。※弁護士とかの無料相談も同じような仕組みです。
昨今、インターネットでまずは調べる人が増えているので、単純な相談会だけでは集客が厳しくなっているのではないかと思います。


人をつかって営業代行してもらう

こちらは飛び込み営業と近いのですが、あくまで飛び込み営業する人のマネジメントです。
人はそれぞれ人脈を持っていますので、そこで物上げ物件を探してもらい、成功報酬で還元していくやり方です。


副業が当たり前になってきている時代なので、上記にあげたような物上げよりも時代にマッチしていると思います。

ー物上げ業者との付き合い方を考えるー

物上げにも様々な手法があり、一昔前ならうまくいっていた物上げ手法も時代と共に変化していっています。
より上手な手法を駆使している物上げ業者から出てくる物件は、掘り出しの物件も結構多く、市況が高騰しているタイミングでも非常に有効です。


そういった業者を探すことや上手く付き合えるようすることで、不動産投資をより成功へ導いていくことができます。
如何に自分がいいお客になれるかを相手に意識してもらうこと、これを意識しながら動いていけば信用と実績で業者とのパイプもできていくと思います。

ー総括ー

今回は物上げ業者の仕入れ手法に関して記載していきました。
手法によって上がってくる物件の質や量が変わってくるので、業者と付き合う際にはどういった手法で物上げを行っているのか聞いてみるといいかもしれません。


いい業者と関わっていくことが不動産投資をしていく上で大事なので、如何にいい情報を取りに行けるか。
今回の記事を業者との会話のネタにしてもらえれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秋吉智紀
商社勤務

投資目的・居住目的で不動産購入を検討中で
経験者に相談したい方は以下より