学習

東京23区の今後の都市計画と不動産投資への影響

やまぴー

投資目的・居住目的で不動産購入を検討中で
経験者に相談したい方は以下より

都市計画は不動産投資への影響大!?

 

お忙しいところお読みいただきありがとうございます。本記事をお読みいただいている方は、不動産投資を始めようと前向きに考えている方が多いのではないかと勝手ながらに推測しております。そしてその中でも今後の不動産投資がどうなるのかを都市計画というある種の外的要因から推測しようとしているのではないかと思います。株式投資やFXなどの投資もそうですが、内的要因よりも外的要因の影響の方が強いです。内的要因というのは不動産投資であればその物件自体のことであり、外的要因というのはその物件がある土地のことであったり、経済全体のことなどを指しております。

 

前置きが長くなってしまいますが、東京23区の今後の都市計画と不動産投資への影響に関して以下の4つに分け言及させていただきます。

 

  • ①意外と知らない!?これまでに実際にあった都市計画とは
  • ②知っておくべき今後の予定される都市計画
  • ③一番重要!不動産投資への影響とは
  • ④Amazon1位不動産投資家による総括

 

①意外と知らない!?これまでに実際にあった都市計画とは

 

意外と知らない方も多いのではないかと思い、これまでにあった都市計画を2つ紹介させていただきます。

 

【豊洲】
ここは1920年以降にできた埋立地です。それが今や東京屈指の高級マンションが並び立つ場所になっているのですから驚きです。この記事を書くため(?)先日豊洲に行ったのですが、高級マンションを中心にオフィスビルも多く、本当に高い建物が多くてビックリしました。

 

海が近いという立地も非常にいいですし、何より東京では珍しく道幅も広く非常に快適でした。またららぽーとがあるため、買い物だけでなく、レジャーもできるところも素晴らしいと思いました。

 

【武蔵小杉】

10年ほど前まで武蔵小杉という場所は牛丼チェーンと学習塾しかありませんでした。それが今や駅は非常に新しくなり、駅ビルも発達しております。また高層マンションもどんどん開発されており、私の高給取りの友人も何名か住んでおります。

 

10年以上前から武蔵小杉を知る者としては上記のような変化は信じられません!中目黒や自由が丘等もそうですが本当に東急沿線は魅力的な街が多いですね。

 

②知っておくべき今後の予定される都市計画

 

今後予定されている都市計画に関しまして2つ紹介させていただきます。

 

【東京オリンピック関連】

これに関しては皆さんご存知かと思いますが、改めて紹介させていただきます。東京オリンピックに向け、浜松町や竹芝エリアでは、2020年4月に【ウォーターズ竹芝】という商業施設がオープンするそうです。完成予想図を拝見させていただきましたが、緑も多く非常に行ってみたくなるような施設でした。

 

また当然オリンピックを行うために、スタジアムと選手が泊まる宿泊施設が必要になるため、湾岸エリアを中心に開発が進んでおります。それにしても東京オリンピックは非常に楽しみですね!!(個人的には野球と柔道が楽しみです)

 

【渋谷】

以前までの渋谷のイメージとしてはごちゃごちゃしている若者の街かと思います。しかし近年は日本のシリコンバレーと言われるほどIT企業が多くオフィスを構えております。渋谷はそのような若者の街から脱却し、【大人の街】を目指しています。

 

大人の街になるべく近年ヒカリエができたことは記憶に新しいかと思われます。当然それだけではなく、2019年の秋に【渋谷スクランブルスクエア】という商業施設ができる見込みです。こちらのビルはなんと47階立ての全長230メートルにもなります。他にも道玄坂方面や桜丘方面も続々と再開発が進んでいくそうです。

 

個人的に渋谷のごちゃごちゃした街並みは非常に好きでありますし、あのような場所から新しい文化は生まれると思っているため、なんだか寂しいような気もしますね。

 

③一番重要!不動産投資への影響とは

 

ここまで具体的な都市計画について紹介させていただきましたが、都市計画がどのような影響を与えるのか以下の3点に分け説明させていただきます。

 

  • Ⅰ人口
  • Ⅱ家賃
  • Ⅲ物件価格

 

Ⅰ人口

 

都市計画が行われると高層マンションやショッピングモール等ができることが往々にあります。当然それに伴い人口も増加します。自分が住んでいる地域にショッピングモールがあると全然生活の質は変わってきますよね。私が住んでいる家の近くにはショッピングモールがないため、ぜひできて欲しいと思っています。(ディベロッパーの皆さお願いします笑)

Ⅱ家賃

 

ショッピングモール等の商業施設ができると、当然のようにその街の価値は上がり住みたいと考える人は増加します。家賃などのモノ・サービスの価格は需要と供給によって決まるため、需要の増加に伴い家賃も上昇します。

 

Ⅲ物件価格

 

上記のように需要の増加に伴い家賃は上昇します。そして都市計画により土地の値段が上昇することで物件価格も上昇します。

 

前述させていただきました通り、基本的に都市計画というのは不動産投資を行う上でいい事ずくめです。ただし都市計画による懸念点も多少はあるため、紹介させていただこうと思います。それはずばり【治安が悪くなる】可能性があるということです。渋谷のセンター街や新宿の歌舞伎町をイメージすると分かりやすいのではないかと思います(笑)都市計画が進むと繫華街も生まれますし、酔っ払いややんちゃな方々も増加する傾向があります。

 

それらの影響により治安が悪化し、住みにくい街になってしまっては本末転倒です。ただ日本人というのはリスクばかりを強調し、変化を恐れる傾向があると私は考えております。ギャンブル依存症の人が増加してしまうと懸念されているカジノ法案に反対意見が多いというのもその典型ではないでしょうか。たしかに日本にカジノができるとギャンブル依存症の人は増加するかもしれませ。しかしカジノができるということは日本経済に対して莫大な恩恵をもたらします。また日本人は高い入場料金を払わないと入れないようにする等の施策を打つことによりギャンブル依存症を防ぐことは容易にできると思われます。

 

話が少しそれてしまいましたが、要するにリスクを恐れず思い切った行動を取ろう!!ということです。

 

④Amazon1位不動産投資家による総括

 

ここまで過去の都市計画に始まり、今後予定される都市計画、そして都市計画による不動産投資への影響について僭越ながら説明させていただきました。最後に私なりに東京23区の今後の都市計画と不動産投資への影響についてまとめさせていただきます。

 

皆さんご存知の通り日本全体として見ると少子化の影響もあり人口は減少していっております。しかし東京23区の人口は増加しております。しかし今後少子化がさらに進むと東京23区内でも人口が増加する地域と、減少する地域が出てくると思われます。当然のように不動産投資というのはその物件がある地域の人口に非常に依存します。そして人口というのはその地域の魅力に依存します。そのため不動産投資を行う上ではその物件の地域の都市計画を考慮する必要があります。

 

本記事を最後までお読みいただき誠にありがとうございました。みなさんの不動産投資を行う上でたとえ僅かでもお役に立てたのであれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
やまぴー
コンサルタント

投資目的・居住目的で不動産購入を検討中で
経験者に相談したい方は以下より