学習

不動産投資の生命保険効果を使えば生命保険は不要!?

やまぴー

投資目的・居住目的で不動産購入を検討中で
経験者に相談したい方は以下より

お忙しいところお読みいただきありがとうございます。本記事をお読みいただいている方は、今まさに生命保険に加入しようか迷っている方であったり、不動産投資についてお調べいただいている方が多いのではないかと勝手ながらに推測しています。まずそもそも不動産投資に生命保険効果があるということをご存知の方も少ないのではないかと考えております。(お恥ずかしながら私も不動産投資について学びだす前までは知りませんでした)

 

既にご存知のお方には釈迦に説法になってしまいますが、不動産投資の生命保険効果と通常の生命保険に関しまして、以下の3つに分け言及させていただきます。

 

  • ①そもそも通常の生命保険ってなんだっけ?
  • ②意外と知らない!?不動産投資による生命保険効果とは
  • ③どっちがお得!?不動産投資による生命保険効果と生命保険

 

①そもそも通常の生命保険ってなんだっけ?

 

まずは導入といたしまして、通常の生命保険がどのような金融商品であるのか説明させていただきます。そもそも生命保険とは大きく分けて【死亡保険】【医療保険】【年金保険】の三つがあります。念のためそれぞれの生命保険について以下で簡単に説明させていただきます。

 

まずみなさんの最もイメージ通りかと思われる【死亡保険】についてです。死亡保険とは文字通りその保険の対象者(被保険者)が死亡した際、保険会社より保険金が支払われる金融商品です。一定期間のみの保障期間である【定期保険】、一生涯死亡保障される【終身保険】、保険期間(保険料払込期間)は一定で、その間に死亡したときには死亡保険金、満期時に被保険者が生存していた場合には満期保険金を受け取れる【養老保険】の3種類があります。本記事にて不動産投資の生命保険効果と比較する生命保険はこちらの死亡保険になっております。

 

続いてこちらもイメージしやすい【医療保険】についてです。こちらは病気や怪我での入院、定められる範囲の手術を受けたときなどに給付金を受け取れる保険となっております。また医療保険の中には【特定疾病保険】という保険もございます。こちらは特定の病気(がん等)での入院、定められる範囲の手術を受けたときなどに給付金を受け取れる保険です。

 

最後に生命保険という言葉とは最もかけ離れた【年金保険】について説明させていただきます。こちらは毎月決められた生命保険料を支払い、契約時に定めた年齢から、一定期間(5年、10年、終身)にわたって年金を受け取れる【定額年金保険】。そして株式や債券を中心に資産を運用し、運用実績により保険金や解約返戻金が増減する【変額年金保険】が存在します。

 

ここまで生命保険の種類である【死亡保険】【医療保険】【年金保険】について説明させていただきました。何が起こるか分からない未来のリスクをヘッジするという、ある種保険っぽい共通点があるのではないかと考えております。

 

②意外と知らない!?不動産投資による生命保険効果とは

 

続いて一般的にはあまり知られていない不動産投資による生命保険効果について説明させていただきます。不動産投資とは多くの場合は金融機関よりローンを組んで投資物件を購入します。そのローンを組む際に【団体信用生命保険】というものに加入することが義務付けられている場合が多いです。

 

団体信用生命保険というのは金融機関からお金を借りローンを組んだ契約者が、万が一お亡くなりになってしまった場合に、その契約者の家族の方はローンの残りの金額を払わないでいいよという保険です。そしてローンの金額を払わないでいいだけではなく、その物件の家賃収入も変わらず得ることができます。ローン金額がゼロになり、その物件が手に入るイメージでいいかと思います。

 

続いて団体信用生命保険の特徴に関して3点に分け説明させていただきます。まず1点目は団体扱いでの加入となるため、個人で入るよりも保険料が安いということです。個人で契約するのに団体扱いとなるのは変な感じがしますが、団体信用生命保険の協会が加入するためです。

 

続いて2点目の特徴は、保険料が返済期間やローン金額によって決まるという点です。この特徴により年齢等を気にすることなく契約をすることができます。もちろん持病持ちであったりする場合は、その分保険料が上がってしまうのは通常の生命保険と同様です。

 

最後に3点目の特徴ですが、ローンを支払い終われば、保険料の支払いもなくなるという点です。通常の保険であれば、状況が変化しようとも解約返戻金等の兼ね合いから、保険料を払い続けなければいけない場合が多いかと思います。一方、団体信用生命保険であればローンを繰り上げ返済する等すれば、より早く保険料を払わないでよくなるのです。

 

ここまで【団体信用生命保険】の概要や特徴を説明させていただきました。要するに万が一の場合にも、家族に収入源となる物件を残すことが可能となるということです。このような特徴から不動産投資には生命保険効果があると言われたりします。

 

③どっちがお得!?不動産投資による生命保険効果と通常の生命保険

 

ここまで通常の生命保険と不動産投資による生命保険効果について説明させていただきました。最後に本記事のメインテーマであるどちらがお得なのか比較させていただきます。

 

まず初めに通常の生命保険料の総額について算出させていただきます。仮に31歳の男性が60歳まで生命保険料を払い続けたケースを想定いたします。年金保険センターが2018年に発表したデータですと、31歳の月額平均生命保険料は11,267円です。こちらを60歳までの30年間支払い続けますと約405万円になります。

 

続いて不動産投資による生命保険効果(団体信用生命保険)の保険料を算出させていただきます。こちらも31歳の男性が30年ローン(金額は3000万円 金利は1.9%)を組んだ場合を想定させていただきます。返済方法等によって多少金額は異なりますが、約170万円となります。通常の生命保険が約405万円でしたので、保険料をかなり抑えることができます。

 

あくまで上記は保険料のみでの比較であり、それぞれの保険では万が一の場合に得られる金額が異なるため、一概にいうことはできません。ただ万が一の場合には遺族年金というものが支払われることも忘れないでください。お子さんが一人いる場合であれば、ほとんどの場合において月額10万円以上受給することが可能です。投資用物件から得られる家賃収入と合わせれば約20万円以上となります。この金額が十分なのか不十分なのかは人にって異なりますが、イメージよりはもらうことができるのではないでしょうか。

 

よく日本人は保険が大好きであり、不要な保険料を払い過ぎている等と言われますが、私も同意見です。人によって状況や必要なお金は異なるため、一概にはいえませんが、不動産投資による生命保険効果があれば通常の生命保険に入る必要はないかもしれませんね。本記事を最後までお読みいただき誠にありがとうございました。みなさんのポートフォリオ形成に少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
やまぴー
コンサルタント

投資目的・居住目的で不動産購入を検討中で
経験者に相談したい方は以下より