学習

煽り屋・物上げ業者に注意「慌てて売却するのはダメ」

ゆうちゃん

投資目的・居住目的で不動産購入を検討中で
経験者に相談したい方は以下より

こんにちは、ゆうちゃんです。


インフルエンザが超大流行していますね。
これまで、毎年必ずといっていいほどもらっていた、私がインフルエンザにかかりにくくなったのは、、、、


筋トレのおかげだと思っております(笑)
皆様、ちゃんと筋トレはしておりますでしょうか?(笑)


筋トレのメリットは
身体が強くなるだけでなく、


ストレス発散、免疫力アップ、アンチエイジング
姿勢が良くなる、行動や発言にも自信が付いてくるなど、、、


どう考えてもメリットしかありません。
さて、話が逸れないうちに本題に入りたいと思います。


今回は
オーナー生活にも慣れて
平凡な日常に突如やってきた新キャラ
「物上げ業者」についてです。


筋トレ脳の私の元にある日こんな手紙が届きました。
「景気低迷!不動産価格も影響を受けます!」


弊社はワンルームマンションの売買の仲介を行なっています。
今後は円高により外国人投資家の買い控え、日経平均の大暴落を受けて、不動産価格に影響が出ると考えられます。


不動産価格は景気より遅れて出てきます。今なら好条件で売れますので、気になった方はすぐにご連絡ください。
といったものでした。


手紙をもらった時は全く意味がわからず、


どういうこと?


マンションを折角買ったばかりなのに、こんな状況で買ってしまったのか?


また不安を煽る内容や書き方なんですよ。このままだとやばいですよ!みたいな。


そして、、、またまた不安に苛まれました笑
もう不安になることに慣れてきましたが(笑)
どうしよう。売った方がいいのかな、、、
と思うと同時に


待て、そもそもこの人達は何者なんだろう?


どうしてこんなものが来るのだろう?


という疑問が湧きました。


ということで、調べてみました。


何事も勉強です!

【そもそも物上げって?】

まず【物上げ】とは何かについてですが
→ぶつあげ、とよみます(物調も同義)物件を調達すること。


不動産用語ですね。


調達する業者、ということになります。


そして、ざっくり説明すると、


物上げ業者は


流通していない物件や土地を、「直接」、「安く買取り」、その後リフォームなどを施して再び「売れる物件」として買主に売り出して収益を上げているようです。


要は転売ですね。


なるほどって感じですね。
流通していない物件を所有者である私達から仕入れるやり方ってことです。


我々売り手側として気をつけないといけないのは、こっちの不安を煽ってくるような業者に惑わされないようにすることです


様々な理由にでローンが支払えなくなってきた場合や、物件を所有していることが困難になった場合、所有者は困って不動産会社に連絡します。その情報を嗅ぎつけて物上げ業者買取の勧誘をしてくるのです。


他にも、情報の収集方法は


法務局が管理する登記簿にアクセスしてこのサービス(物上げ、買取)を活用して利益が見込めそうな物件を持っている人をみつける→手紙を送ってくる。といった方法があるようです

【煽り屋の手法に気をつけろ】

不安を煽って、「売った方があなたの為ですよ」いう言い方をしてくる手法には注意が必要です。


こういった場合にも


まずは経験者や身近な人に相談して見ましょう。


よく考えてみましょう。


立地も悪い、ボロボロ、人気のない部屋にわざわざハガキや電話の連絡をしてくるでしょうか?


逆に言えば


価値がある物件に声がかかる=「自分の部屋には価値がある」


ということになります。


つまり、そもそも今すぐ売る必要がないと考えることができますね。急に大きなお金が必要となった場合は別ですが。


不動産投資のメリットは長期で持ってこそであり、
不動産の目的は「手間をかけずに」「じっくり」資産形成をすることです。


目先の不安を煽るような情報には惑わされてはいけませんね。
人の心の不安を煽って利益を得ようとするやり方は好ましくありません。この直感のまま無視で正解ですね。


また一つ勉強になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆうちゃん
消防士

投資目的・居住目的で不動産購入を検討中で
経験者に相談したい方は以下より