学習

医師という職業と報酬がアンバランスな現実

今井誠

投資目的・居住目的で不動産購入を検討中で
経験者に相談したい方は以下より

本記事では一度不動産から少し離れて医師という職業と金銭面の関係について述べていこうと思います。

そもそも医師になるためにはどのくらい費用がかかるのか

まず、そもそも医師になるまでに、もしくは医師を一人育てるためにはどの程度の金額の「投資」が必要となるのでしょうか。
もちろん、ここでは国の税金の話はおいておいて、一つの家庭が投資する金額の話をしていきます。

医学部合格まではおいくら万円?



当然ながら医師になるためには医学部を卒業する必要があります。
そしてこれもまた当然のことですが、医学部を卒業するためには医学部に合格する必要があります。


医学部に合格する多くの人は中高、少なくとも高校では進学校に通っています。
中高で私立の進学校に通学すると仮定すると6年間のおおよその学費は500-600万円程度になります。


また、医学部合格を志す上では私立の進学校に通うだけでなく、予備校にも通うパターンが多いと考えられます。
高校のみ予備校に通うと仮定すると、予備校の費用は予備校毎でかなり幅がありますが平均すると約300-400万円程度になります。


つまり、医学部に合格するためには800-1000万円程度の費用がかかるということになります。
もちろんこれは現役合格をした場合の話になりますので、浪人すれば当然追加の費用がかかってくることになります。

医学部を卒業するまではおいくら万円?



さて、1000万円程度の費用をつぎ込んで見事医学部に合格した後は、医学部を卒業するための費用が家庭にのしかかってきます。
同じ医学部でも国公立大学の医学部と私立大学の医学部の学費は大きな開きがあります。
一般的に医学部6年間の学費は国公立大学の医学部で400万円前後、私立大学の医学部で5000万円以上と言われています。

よって、一人の子供を医師にするための「投資額」は学費にのみ焦点を当てると、最低1500万円程度かかるということになります。
もし私大の医学部を卒業するのであれば最低6000万円程度、また中学校や小学校受験の費用を考えていくとより高額になります。


子供や家庭を持たない医師がどの程度この現実を把握しているでしょうか。
多くの医師がいざ自分の子供を医師に育てようと思った時にこの現実に気がつくのです。
もちろん全ての医師が自分の子供を医師にしようと考えるわけではありませんが、多くの医師にそういった傾向があるのは事実です。

医師という仕事は果たして高給取りなのか

「医師は金持ち」という説を信じている人は今も昔も少なくないでしょう。
しかし、その説を正しいと思っているのは医師以外というのが現状です。

医師の時給って本当に高いの?



2017年12月に厚労省が発表した医師の働き方改革についての資料をみると、週60時間以上働く医師は全体の40.6%となっています。
(尚、この労働時間にはオンコール等の待機時間は含まれていません。)
1年間は約52週程度なので、年間の労働時間は52週×60時間=3120時間となり、医師の年収が約1200万円だとすると時給換算で3846円となり、医師の時給は約4000円程度ということになります。
ちなみに私事ですが、この金額は筆者が大学時代にしていた家庭教師の時給よりも低いです(笑)。


また、研修医に限って言えば平均年収が400万円程度なので時給は1300円程度となります。
都内のバイトと比較するのであれば高給ということになるのかもしれませんが、人の命を預かる職業という点では割に合いません。
もちろん、研修医は所詮勉強する立場にあるわけだから当然じゃないか、という意見もごもっともだと思います。
しかし、そんなことを言ったら医師という職業は生涯学習が求められる職業です。
全ての医師が患者さんに最善の医療を提供するために日々勉強をしており、研修医だけが特別ではありません。

医師が背負うプレッシャーとは



医師という仕事は常にリスクを背負っています。
近年の医療はEBM(Evidence-Based Medicine)をもとに提供されています。
つまり、根拠に基づく医療であり、最低限のクオリティが保証されているのです。
もちろん、このEBMに逸脱した医療を提供すれば、世のバッシングにあうことは必至でしょう。


また、手技を伴う医療に関していえば、起こり得る合併症に関していくら説明をしていたとしても、何か手技の最中に事故が起こればすぐに患者サイドが医療訴訟を起こすような時代になってきました。


もちろんこのような流れは医療全体のクオリティをあげるといった点においては、素晴らしい流れといえるでしょう。
しかし、同時に医師にとっては以前より仕事へのプレッシャー/責任感が増しているのは間違いないでしょう。

コストパフォーマンスが悪いからこそ、金融リテラシーを

こういった点を総合すると、医師という仕事は決してコストパフォーマンスの良い仕事ではありません。
もちろん筆者自身はコストパフォーマンスを優先して医師という仕事を選んだわけではありません。
コストパフォーマンスという観点からいえば、おそらくもっとむいている仕事はたくさんあることでしょう。
しかし、そういった仕事だからこそ金融に対して興味をもつようになり、不動産投資を始めるに至ったわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今井誠
医師

投資目的・居住目的で不動産購入を検討中で
経験者に相談したい方は以下より