学習

医師である私が不動産投資を始めた理由

今井誠

投資目的・居住目的で不動産購入を検討中で
経験者に相談したい方は以下より




今回は私が不動産投資を始めた理由を赤裸々に語っていきたいと思います(笑)。医師という仕事は世間一般的に収入が高い仕事というイメージがあることでしょう。地域差こそありますが、医師の収入は研修医で350-850万円、研修医を終えると1000万円を超えることになります。


しかし、時給換算するといかがでしょう。自らが所属する科にもよりますが、ほぼ毎日病院に出勤している医師は少なくありません。筆者である私自身も毎日病院に出勤しています。平日は夜遅くまで時間外も働いているわけですから、月あたりの労働時間はかなりの時間になることでしょう。具体的な時間については諸事情により割愛させていただきますが(笑)、時給換算するとファミレスのバイトと同じ程度の時給ということにもなりかねません。


私は医療業界とは異なる職種の方と飲みにいく機会も多いのですが、飲み会の場で他職種の方と飲んだ際に「医師という仕事はコスパが悪い。」と言われることが時々あります。もちろん私自身は医師という仕事にとても誇りを持っていますし、コストパフォーマンスを気にしてこの職業を選んだわけではありません。しかし、そういった発言に対して少し不快な気持ちを抱いてしまうのが正直なところです。頭の片隅にもう少し効率よくお金を増やしたいという思いがあるのでしょうね。


不動産投資において数年で「収入が増える」ということはほぼありません。不動産投資はあくまでも「投資」という概念なわけですから。
しかし、投資をはじめて設備の減価償却が満了するまでの数年間は税金対策が可能なので「支出は減る」ということになります。もちろんこれだけが不動産投資のすべてではないですが、私は不動産投資のこのスキームを知った時に、自分の性分に合っているなと感じました。私は兼ねてより無駄な時間や労力を費やすのが嫌いでした。お金に関しても同じです。別にケチなわけではないですが、浪費家でもありません。ATMで手数料をかけてお金をおろすのが嫌で、あらかじめ手数料のかからないタイミングでお金をある程度手元にプールしておくタイプです。これをケチって言うのかもしれないですね(笑)。まぁ、自分がケチかどうかはさておいて、そんなわけで無駄な支出を抑えることのできる不動産投資のスキームがとても気に入ったのです。


当初研修医の私が不動産投資を始めるにあたって、私は他の投資用の金融商品にも興味をもっていました。しかし株やFx等は、いくらスマホでいつでもどこでもトレードができるようになったとはいえ、画面とにらめっこをしなければならないという状況にはなんら変わりありません。一方不動産投資は物件選びがすべてになってくるわけですが、入り口と出口さえ間違えなければその間にやきもきすることもないわけです。不動産投資を行えば他の投資用の金融商品は不要だとは言いませんが、投資は不動産投資だけで十分という人はよりストイックに医療に向きあうことが可能になるでしょう。特に医師として駆け出しの時期は雑務も多いのが現実です。画面を常に見ていなければならない投資よりも放置するだけでいい投資の方が多忙な若手の医師にとってはあっているというわけです。


こういったことから私は不動産投資をやってみようと考えました。しかし、最終的に始める背中を押したのは周りの人たちでした。私には幸いなことに医師だけでなく多くの知り合いがいたので、不動産投資を行っている医師の意見だけでなく、投資の世界でバリバリ生きている人達の意見を知ることもできました。自分で一から学ぶということも重要ではありますが、多くの先人たちの意見を参考にするということも重要です。中にはだまそうとしてくる人たちもいるでしょう。そういった中で最後に信じることのできるものはデータです。私たちは主観的なアドバイスだけでなく、客観的なデータに基づいたアドバイスを行うこともできます。もし興味がございましたら、お気軽にご連絡いただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今井誠
医師

投資目的・居住目的で不動産購入を検討中で
経験者に相談したい方は以下より